作成者別アーカイブ: take

take について

『検証ホツマツタヱ』 編集同人 霊峰富士を眺める沼津港の食いもん屋 店主 ミソギとミネイリが至福の時空間。 時折、日本刀を振る。

ホツマツタヱ再発見50年プロジェクト 開催概要

 

11/19~20(土日)  琵琶湖タカシマ◇縄文の集い

淡海の北西部に位置する高島市には、太古の日本文化を五七調でつづった『ホツマツタヱ』(ホツマツタエ)が伝承されてきました。漢字伝来以前の縄文古代文字で記され、「やまとことば」の原型を化石のように顕す12万余字の奇跡の文書。

高島での発掘のきっかけとなる昭和期の再発見から、今年はちょうど50年。豊かな自然と清らかな水流に恵まれた聖なる地、タカシマ。深く美しい教えに満ちた「縄文叙事詩」の甦りを祝して、いま天地を結ぶ「集い」がはじまります。

■事業名
再発見50高島 ホツマツタエ 縄文ロマンの集い
■日 時
28年11月19日(土)開場13:00 開演13:30  ~20日(日)開場8:30 開演9:10

■会場

藤樹の里文化芸術会館        [googleマップ]
琵琶湖・高島市(道の駅「あどかわ」そば)
〒520-1224 滋賀県安曇川町上小川106

 JR湖西線「安曇川」駅下車徒歩15分

再発見50高島ホツマツタヱ「縄文の集い」会場地図

■参加費
9,900円(両日)
※両日企画参加費、19日夜の夕食&懇親会費、
20日昼食費、資料代、イベント保険代、が含まれます。

一日参加は、3,000円(会館講座のみ。食事なし)

■内 容:
「集い」は一泊二日。全国の研究者愛好者が結集します。研究発表からライブパフォーマンス、アートギャラリー、ホツマゆかりのミニ探検ツアーや基礎講座など。長年のファンも「はじめて」の友も、新しい感動と出逢いに心ときめくひとときを共に創出しましょう。

★初日(11/19土)のプログラム

13:00 開場
13:20 開会
13:30 ホツマツタヱ概説紹介スライド上映
13:50 記念講演1
「ホツマツタヱの聖地=近江タカシマ」
高島市ホツマツタヱ研究会(山野・井保)
14:30 記念講演2
「邦偲ぶ歌の真相とは?!
~古事記・日本書紀とホツマの比較~」
関西ホツマの集い(清藤)
15:10 休憩
15:20 記念講演3
「あわうたの謎を解く」
作家・古神道研究(宮崎)
16:00 ワークショップ
「あわうたを歌おう」
ホツマ塾(いときょう)
16:30 第一部終了 会場移動

17:30 全国懇親会パーティー
20:00 終了

★2日目(11/20日)のプログラム
08:30 開場
09:10 開演
09:15 ミニコンサート

<第一会場>
9:30 「ホツマ12姫の歌物語
~アイカさんの歌声にのせて~」
いときょう&アイカ
9:45 上映と語りトークセッション
「ホツマでわかる
縄文の真実
~私たちのルーツをさぐる~」
盛岡ほつまの会(千葉)
赤坂研究会(今村)
ほつま・やまと文化塾(小深田)
10:35 休憩
10:45 トークセッション
「日本陽明学とホツマを結ぶ糸」
検証ほつまつたゑ(原田)
草莽決起塾(小林)*予定
11:20 事務局連絡&お弁当手配
11:30 昼食&参加者交流&各種即売
12:30 解散式典
13:00 終了 自由解散

<第二会場>
※終日、最古の写本『和仁估安聰写本』原本展示
案内ガイド:
高島市ホツマツタヱ研究会(野々村)
09:30 トークセッション
「フトマニを創りヲシテで楽しもう!」
いときょう&仲間達
途中休憩はさみ11:20まで

<第三会場>
※終日、ヲシテ・アートギャラリー作品展示
アートディレクター:
楽しくヲシテを書く会(網本)
10:15 ワークショップ
「ヲシテアート体験」その1
(30分)
10:50 ワークショップ
「ヲシテアート体験」その2
(30分)

<第四会場>
09:30 ホツマツタヱ上級講座
講師調整中

★オプションのプログラム

【1】早朝オプション
06:00 白鬚神社「あわうみの日の出」正式参拝
※各自ご自身で神社のご集合下さい
別途 玉串料をお納め下さい

【2】朝活オプション
07:30 ホツマゆかりの神社参拝
※各自ご自身で神社にご集合下さい
ご案内:
高島市ホツマツタヱ研究会メンバー

【3】竹生島オプション
14:20 近江今津港発
14:45 竹生島着
神社参拝&散策 65分
15:50 竹生島発
16:20 長浜港着 自由解散
※琵琶湖横断船賃は個人負担
(大人2830円)

■講師・ゲストのみなさま:
網本 わあみ(楽しくヲシテ文字を書く会 代表)
いときょう(東京ホツマ塾 主宰)
今村 聰夫(「はじめてのホツマツタヱ」著者)
清藤 直樹(関西ホツマの集い 代表)
小深田 宗元(ほつま・やまと文化塾 塾長)
駒形 一登((ほつまつたゑ解読ガイド 運営)
高畠 精二((ホツマツタヱ勉強会・中野 代表)
千葉 富三(「甦る古代 日本の誕生」著者)
原田 武虎(「検証ほつまつたゑ」編集人)
Beve  Suave(ヲシテ一年生☆)
宮崎 貞行(「アワ歌で元気になる」著者)
(予定 ※交渉中の方含む)(敬称略 五十音順)

■宿 泊
各自個人手配でお願い致します。
(現在、ネットの宿泊予約サイトでは、予約が取りにくい状態になっているそうです。ですが、実際は、十分余裕があります。直接宿に電話等でお申し込み下さい。イベントがあるので、ネット等の外部予約を制限している模様です。
※予約の際には、「高島市ホツマ研究会」の紹介と、一言添えて下さい。
※翌朝の白髭神社日の出参拝などご希望の方は、湖畔の「白浜荘」が、おすすめですよ!バス送迎のお約束をいただいております。)

主 催:
再発見50高島ホツマツタヱ実行委員会

協 力
高島市ホツマ研究会・関西ほつまの集い・検証ほつまつたゑ編集部
藤樹記念館(委託資料提供)・高島再発見塾・東京ホツマ塾・楽しくヲシテ文字を書く会

後 援:
高島市・高島市教育委員会・高島経済会・高島市商工会・高島市文化協会・(公社)高島青年会議所

スケジュールFacebook公式サイト(高島) ・ 『検証ホツマツタヱ』 随時掲載中

申込み『検証ホツマツタヱ』申込みフォームへ

参加費振込先:「参加申込み手順のご案内(PDF)(高島)」へ
※参加費のお振込をもって申し込み完了となります。
定員になり次第、受付終了となりますので、お早めにどうぞ。

問合せ:Facebook公式サイト

ホツマツタヱ再発見50高島 縄文ロマンの集い

ホツマツタヱ(ホツマツタエ)再発見50高島 縄文ロマンの集い

-----------------------------------

(下記のイベントは、満員御礼にて終了しました)

10/11 ホツマ東京フォーラム

ギネスに載る世界最古の国「日本」。悠久の歴史と風儀を今に伝える我が国で「世界最古級の叙事詩写本」が発見されて本年は50年となる。漢字伝来以前の縄文古代文字で記された古文書は、「やまとことば」の原型を化石のように顕す12万余字の奇跡の文書だった。

『ホツマツタヱ』(ホツマツタエ)の名を持つ「真実の伝承」は、在野研究者、郷土史家たちの心血をそそぐ研究により、ようやくその全貌が明らかになりつつある。だが、文明史の常識を覆す記述の数々は、途方もなく重く、深く、そして美しい。

■事業名
記念フォーラム(於:日本記者クラブ)
縄文叙事詩の謎 ~研究50年の歩み~

ホツマツタヱ 再発見50年

■日 時
28年10月11日(火)開場13時 開演13:30~16:30
第一部 [定員150名]  13:30 基調講演  15:30~16:30記者発表会
第二部 [定員   80名] 17:00記念パーティー(同ビル10階)
プレスセンタービル レストラン「アラスカ」

公式サイト レストラン「アラスカ」

■参加費:
第一部 [定員150名] 2,000円
第二部 [定員  80名] 8,000円 懇親会費用含む

■会 場
日本記者クラブ         [googleマップ]
プレスセンタービル10階大ホール(日比谷)
東京都千代田区内幸町2-2-1
地下鉄「霞が関」「内幸町」駅下車徒歩2分 JR「新橋」駅下車徒歩10分
ホツマツタヱ再発見50年東京記念記者会見&フォーラム 会場地図

■内容
この記念講演会では、第一線の研究者が結集し、初心者にも理解できるように文献を読み解き、50年間の研究の歩みを語る。健康法として普及する「あわうた」、縄文ロマンが躍動する「ヲシテ・アート」の動向他をレポートする。

■講演内容:
世界最古級の叙事詩写本   原田 武虎   (「検証ほつまつたゑ」編集人)
わが国独自の文字と暦    小深田 宗元 (ほつま・やまと塾 塾長)
宮中祭祀の謎を解く      宮崎 貞行  (作家・古神道研究者)
時空を超える旅~聖地巡礼~ いときょう  (ホツマ塾 主宰)
(敬称略 発表順)

■ゲストスピーカー&アーチスト:
Aika(心音道 こころねのみち 主宰)
網本 わあみ(楽しくヲシテ文字を書く会 代表)
今村 聰夫(「はじめてのホツマツタヱ」著者)
小笠原 貞宗(写本伝承者末裔)
清藤 直樹(関西ホツマの集い 代表)
駒形 一登(ほつまつたゑ解読ガイド 運営)
島川 崇(日本国際観光学会 会長)
高畠 精二(ホツマツタヱ勉強会・中野 代表)
千葉 富三(「甦る古代 日本の誕生」著者)

(敬称略 五十音順)(予定※交渉中含む)

主 催
ホツマツタヱ再発見50年東京実行委員会

協 力
東京ホツマ塾・ホツマ出版会・関西ホツマの集い・高島市ホツマ研究会・盛岡ほつまの会・
楽しくヲシテ文字を書く会・マスミ東京

スケジュールFacebook公式サイト(東京) ・ 『検証ホツマツタヱ』 随時掲載中

申込み『検証ホツマツタヱ』申込みフォームへ

参加費振込先:「参加申込み手順のご案内(PDF)(東京)」へ
※参加費のお振込をもって申し込み完了となります。
定員になり次第、受付終了となりますので、お早めにどうぞ。

問合せ
Facebook公式サイト

 

ホツマツタヱ再発見50年 東京 記念フォーラム

ホツマツタヱ(ホツマツタエ)再発見50年 東京 記念フォーラム

 

Tweets for 2016-07-12

  • RT @gejirin1: サルタヒコはツチギミ(土公) の別名を持つが、これはツヂキミ(辻公) が正しいようだ。
    『オトタマ川の しらすなに 昼寝して居る チマタ守』ホ24
    このチマタ守の同義の言い換えがツヂキミ(辻公) だと思われる。
     
    【辻】つじ (広辞苑)
    ・みちばた… 12:20:46, 2016-07-12
  • RT @gejirin1: 人の場合、魂と魄を結合させているのがタマノヲ(魂の緒)」。魂の緒が切れると魂と魄は分離し、魂はムナモト(陽の核=日) へ、魄はミナモト(陰の核=月) へ還る。その結果肉体は滅びる。魂の緒は地上生命を結ぶものであるので、「生命線」「肝」「精魂」の意味に… 12:20:42, 2016-07-12
  • RT @gejirin1: おもしろいのは、鬼門除けとして植えられる柳の木。これは実はウツロヰの住処なのだ。 ウツロヰの脅威を除くのに、ウツロヰの住処とする木を植えるというのだから、何とも皮肉な話である。本来は地震と雷による被害の守護として、その主であるウツロヰの社木を東北に植… 12:20:34, 2016-07-12
  • RT @Bebe_Suave: 今日のホツマツタヱの授業も終わりまして、今週も週末になりました\(^o^)/

    雅子さんからさっき中江藤樹のお話を聞き、共感。゚( ゚இ‸இ゚+)゚。

    ホツマツタヱとも所縁深いな!

    touju.jp https://t.co/a7WWRcjG… 12:20:07, 2016-07-12

  • RT @Bebe_Suave: なんとかハコベも描いたゎ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ
    後は色ね!

    ヲシテ文献では【春の七草】は
    ①ゴゲウ、コゲフ、ゴゲフ
    ②ハコベナ、ハコベラ
    ③イタヒラコ、ヰタヒラコ、イタヒラナ
    ④スズナ
    ⑤スズシロ
    ⑥スセリ
    ⑦ナツ、ナズ https:/… 12:19:52, 2016-07-12

  • RT @Bebe_Suave: 明日から立夏、ヲシテ暦で言うと「メの季節」

    旧暦ウヅキから始まり、末にはアオヒマツリ葵祭も♡

    葵祭で何故、葵・桂なのか?
    賀茂別雷神とは誰なのか?
    オコシイリするのは誰なのか?

    それはヲシテ文献でないと分からないo(^▽^)o https:… 12:19:39, 2016-07-12

  • RT @Bebe_Suave: ヲシテ文献時代の古語から、
    口語化によってちょっと変化した単語が面白い!

    「メヲ(夫婦)」→「メヲとなる」→「めおと(めおと)」。

    「イシニ(昔)」「インシ(昔)」→「イニシえ(いにしへ。いにしの方へ)」→「いにしえ(古)」。

    そういう言葉… 12:19:21, 2016-07-12

Tweets for 2016-02-11

  • RT @asakuramikai: ホツマツタヱ10綾「カシマダチ ツリタイノアヤ」の現代語訳を更新しました。この綾は話がダイナミックに展開して面白い。「カシマダチ」は、今では「旅立ち、出立」の意となっていますが、カ(右)の臣オホナムチの奢りを「シマ」り(引き締め)、「タチ」(… 20:13:54, 2016-02-11
  • RT @dankeidanshi: 完全なる「皇室破壊勢力」となってしまった宮内庁が、皇室の陵墓(古墳)に対する学術調査を拒否するどころか、「学術調査の解禁」を行うという暴挙に出て、「聖域に土足で踏み込む」事にお墨付きを与えた。信じ難い事だが宮内庁が皇室の「墓あばき・墓けがし」… 20:13:23, 2016-02-11

Tweets for 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: @hotumamichi 古墳の建造時期も、実は問題だ。

    それは、古墳に埋葬される人物が、「聖地を継承する血筋のもの」なのか、「聖地を簒奪する勢力のもの」なのか、に関わるからだ。

    この問題は、箸墓古墳の建造(もしくは改造)と比較すると興味深… 19:48:44, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: あるいは、富士山そのものを、タカマなるアマテル大神と遥拝して、それを仰ぎみる、遥拝聖地が、「タカ尾」?

    いろいろ考えると、楽しい。

    #ホツマツタヱ#高尾山 19:47:24, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: あるいは、タカマの中心でなく、謙遜して、末端。

    どういうことかと云うと、ニニキネ大神の存命中は、アマテル大神は、健在だったので、イサワが、格上の「タカマ」。

    ハラミのミヤは、事実上「タカマ」なのだけど、謙遜して、末端すなわち「尾」。「タカマ… 19:47:23, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: タカオカミことニニキネ大神は、ハラミ山すなわち富士山に、明確に「タカマ」を置いたアマキミです。

    東北のケタツボや、琵琶湖のオキツボ、あるいはイサワの中心にあるハラミツボをつくりあげた大神であるわけです。

    中心にあるタカマ。つまり、タカマの「… 19:47:16, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: 「タカマ」は、アマキミの坐すところであり、国権の最高議決機関を意味し、天の意(時)と、人の和を結ぶ、聖なる地の処を云う。

    カミハカリが開らかれる、神聖な高殿を意味し、またその高殿の存在する都を、タカマともよぶ。

    アマテル大神はイサワに、オシ… 19:47:12, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: 「タカ」は、美称もしくは形容詞とみなせるが、

    タカ大神、あるいはタカオ大神として考えると、「タカ」そのものに大いなる意味があるに違いない。

    で、思いつくのは、「タカマ」と云う重要語だ。 19:47:10, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: タカ、とニニキネ大神との繋がりといえば、「高千穂」がある。

    タカチホノカミと云えば、ニニキネ大神のことだ。

    この「チ」が、「千」なのか、「霊」の意を含むと考えるのかで意味は多重だが、何れにせよ、「タカ」は「チホ」の美称もしくは形容詞とみるこ… 19:47:05, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: で、高尾山の地名の由来と考えられる「タカオカミ神」を、考えてみる。

    これが、本当はタカオなのか、あるいは、タカヲなのかという問題があるが、、、

    何れにしても、「タカ大神」か「タカオ大神」と云う見方がありうると思う。 19:46:58, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: ところで、愛鷹山の語源について、愚生はかねがね、アシツノ山の意味で、アシツか山と呼び、愛鷹山となったと複雑に考えていたが、K氏から、すごいひらめきを得た。

    アシツ姫と、タカオカミ神の山だから、アシタカ山!

    アシタカ!生きていたか! だよ… 19:46:42, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: 沼津の高尾山が、道路建設で潰されようとするのも、交通の要所に近いからだ。

    富士山と愛鷹山に遮られ、今の富士市と裾野市をなるべく山越えせずに進むには、ここを通る。もちろん、須走へも。

    つまり、幾つか複数存在したハラミノミヤ、サカオリノミヤの候… 19:46:38, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: かつて、沼津は狩野川によってつくられた扇状地だった。

    高尾山からは、海岸までも見通せたのだろう。

    もしここが、オオヤマスミ神の富士山南麓の出先の「宮」のあったところとしたら、如何だろう。

    浜辺までは、ほんの数キロ先だ。女性が裸足で駆け下り… 19:46:35, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: そして、高尾山。

    問題は、古墳の建造時期ではない。

    ここが、タカオの聖地であった可能性がある事実だ。 19:46:29, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: 沼津アルプスの鷲頭山は、アシツ山が根源だと、愚生は秘かに思っている。

    その稜線には、巨大な山桜が、ピーク毎に植樹されている。
    まるでオオヤマスミ神の領域を誇示するかのように、、、 19:46:24, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: ニニキネ大神は、アマテル大神とともに、隠された神である。

    地上にはいないことにされた神だ。

    だが、別雷の名と同様に、タカオカミの名前に隠されて、民は、ニニキネ大神をお祭り続けてきたのである。

    水利の根源を創成した神
    ウツロイを制御した、龍… 19:46:20, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: @hotumamichi 丹生については、もちろんワカ姫ヒルコの存在も忘れてはならない。ただ、丹生神の創祀はチョイと時代が下ってからの処もあり、ご祭神の明確化が難しい。

    ニニキネ大神に随行したタヂカラオの存在も無視できない。

    加えて熟考した… 19:46:12, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: すでにお気づきかと思うが、

    タカオカミ神として祭られているその多くは、ニニキネ大神をお祭りしているのである。

    丹生のあたりもそうだし、富知六所浅間神社や、笛吹市の山梨岡神社あたりも、そうなのである。そして、鷲頭神社も。 19:46:05, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: http://t.co/4JPtW3fo8v

    タカオカミ神は、かなり日本全国祭られているご祭神である。 19:46:01, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: 龍を、ハヤコとして考えると、磐長姫も関係してくる。ハヤコはソサノヲに斬られたあと、磐長姫に乗り移った伝承があるからだ。

    だが、貴船神社に、モチコハヤコの話は伝わらない。

    否、奥宮に伝わる藁人形の呪いの話があるじゃないか! と思って、いや… 19:45:53, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: オカミカミは、難しい字を使うが、要は、「龍」の古字の一種だ。

    タツ、として考えると、豊玉姫は資格があると言える。

    出産前の姫の受難と克服、そしてニニキネの説得話を知るホツマ伝承愛読者ならうなづいてくれるだろう。

    九頭竜なら、モチコ。八岐大… 19:45:49, 2015-06-26

  • RT @hotumamichi: タカオカミは、現代の神道学説では、水源の神と説明されている。
    対となるのが、クラオカミ。

    分水嶺に、タカオカミ。谷の岐れ際に、クラオカミ。もっともらしい説明だ。

    だが、記紀神話には、オカミカミとしてしか登場は無い。 19:45:44, 2015-06-26

「アワ歌を楽しむ会」が結成されました!

ほつまつたゑ伝承を愛好する仲間が集い、「アワ歌を楽しむ会」が結成されました。
あなたの「個性的な」アワ歌を持ち寄り、互いに親しみ、楽しみましょう。
今後いろいろな集いの情報発信も行います。
詳しくは、FBページや、公開グループをご覧下さい。

Tweets for 2015-05-27

  • RT @Bebe_Suave: そして、
    今「祝詞の神様」と呼ばれているのは、
    ヨツギノルノトコトノアヤで、
    アマノコヤネ様が

    アマイノル
    コノテカシワユ
    オトオスク
    ヤドルオナカノ
    ミコトナル
    コノコハマスグ
    タラチネノ
    ナヱノヨツギノ
    ミコトナリケリ

    というノト(祝詞)… 12:42:15, 2015-05-27

  • RT @gejirin1: 【ウツロヰ】(4)
     
    またウツロヰは金属・刃物に関係するらしく、世に「金神(こんじん)」とも呼ばれる。
     
    『山にウツホの 通り成る 粗金のアワ 錫・鉛』ホ15
     
    したがって大本教の「丑寅の金神」は、ホツマ的には「東北を守るウツロヰ」ということに… 12:41:52, 2015-05-27
  • RT @peacek73: ホツマツタヱのヲシテ文字です。RT @po_polopo: なに文字ですか?

    ~あわのうた~

    あかはなま いきひにみうく

    ふぬむえけ へねめおこほの

    もとろそよ をてれせゑつる

    すゆんちり しゐたらさやわ
    http://t… 12:41:18, 2015-05-27

© 2014 hotuma shuppankai