© 2014 hotuma shuppankai バックナンバー総目次 71号から最新号 | 検証ほつまつたゑ © 2014 hotuma shuppankai

バックナンバー総目次 71号から最新号

1922522_657854687642824_1707826077113401569_n

 

<第71号> 平成26年2月15日

 

京丹後市峰山町 二箇「月の輪田」と苗代「清水戸」

吉田六雄

 

ホツマの生徒と先生の問答④ 「ミヤビ(雅)編」

吉田六雄

 

丹後国風土記 豊受神伝承とホツマツタヱ

紀元前4世紀 宮津の宮で細矛国を治めたタマキネ(トヨケ)

吉田六雄

 

京丹後市峰山町 比沼麻奈為神社 豊受大神宮元宮の地 ~ホツマツタヱのアマカミ(天神)~

大江幸久

伊勢豊受大神宮の故地

比沼麻奈為神社を訪ねて

比沼麻奈為神社の社地、社殿を歩く

比沼麻奈為神社より頂いた、神社由緒略記より

久次の地名の変遷

峰山町久次に遺す神道の祭式・祀り

久次岳のイワクラを歩く

天の真名井の伝承

穂井の段を歩く

麻奈為の瀧(千切りヶ淵)を歩く

切畑の湧水を歩く

籾種をつけた清水戸(せいすいど)<稲種漬井>

地名と遺跡・諸伝承の考証

丹波道主命の本拠 船岡山(府の岡)

稲作を始められた半月形の月の輪とその伝承

もう一つの稲作発祥地とその伝承

周辺関連の地

宮津市江尻の真名井神社

 

天照大御神 御神祠 木遣歌

小西良太

 

かくて歴史は神代から現代までつながった (六)

今村聰夫

(一六)敏達崩御から用明朝の混乱

(一七)物部氏の滅亡

(一八)失われた神道の原理

(一九)蘇我馬子と崇峻天皇

 

空海と密教、 『ホツマツタヱ』との関わり

志村日南代

1.      土俵から見た五大元素

2.      『ホツマツタヱ』と日本に伝来した曼荼羅

 

カミとホトケの不思議な共存 ~神仏習合の淵源を問ふ~ (二)

宏道

6.祥月命日の御魂祭り

7.四十九の法要

 

静岡ハラミ便り

志村日南代

 

画像 横浜市内「思金神社」のHPに『ホツマツタヱ』が掲載

 

編集後記

 

 

 

<第72号> 平成26年4月19日

 

ホツマの論点

創喜

ホツマの魔力と編集体制刷新

 

かくて歴史は神代から現代までつながった(七)

今村聰夫

(二十)用明・崇峻へ皇位継承の謎

(二十一)女性天皇誕生へ向けて

(二十二)初の女帝推古天皇

 

首相の靖国参拝は日本人の心

今村聰夫

はじめに

健全な日本の若い世代

日本民族固有の思想

ホツマツタヱの思想

日本民族は死者の魂を裁かない

おわりに

 

カミとホトケの不思議な共存 ~神仏習合の淵源を問ふ~ (三)

宏道

8.位牌の原形は何だったか

9.聖丈柱木と心御柱

 

ミネイリとミチユキ ~神仏習合の淵源を問ふ~ 第二部

宏道

故人の霊魂はなぜ、山へ往くのか

巡礼とはなにをめざす修行なのか

 

ほつまつたゑトピックス 「ホツマで解る古代史の謎」①

駒形一登

たなばた

ひなまつり

床入り

食と寿命の関係

 

編集後記

 

 

 

<第73号> 平成26年6月21日

 

ホツマの論点

創喜

分科会立ち上げの勧め

 

かくて歴史は神代から現代までつながった(八)

今村聰夫

(二十三)聖徳太子の立場

八、聖徳太子

(一)推古朝とは

(二)聖徳太子の施政とは

(三)太子憲法

(四)聖徳太子の遠大な構想

 

六甲山・瀬織津姫とワカ姫  ●和す・尽くす 聖徳太子による神仏習合 <前編>

大江幸久

はじめに

六甲山周辺の社寺と伝承

◇   『記紀』には登場しない瀬織津姫

◇   ムコ、ムカツ

◇   廣田神社、西宮大社町

◇   隠される瀬織津姫の御名 古事記一千三百年の封印を解き放つ

◇   瀬織津姫が『古事記』・『日本書紀』に登場しない理由

◇   神仏習合を前提とした仏教国境化

◇   国祖・伊勢祭神の思想を継承する聖徳太子

◇   六甲山とその周辺での神仏習合の動き

◇   六甲山弁財天は瀬織津姫

  • 役行者と天照大神・瀬織津姫
  • 天照大神=毘沙門天

◇   瀬織津姫=吉祥天・弁財天の守護

  • 天武天皇と天河の天女
  • 天武天皇を継承する役行者と空海

◇   伊雑宮と伊勢神宮

 

清藤新訳に期待

今村聰夫

 

新連載 『わたしのほつまつたゑ』

清藤直樹

『わたしのほつまつたゑ』を述ぶ(その一)

『わたしのほつまつたゑ』(1)

ほつまつたゑ御機の初 東西の名と穂虫去る文

 

ほつまつたゑトピックス 「ホツマで解る古代史の謎」②

駒形一登

和歌

枕詞 「あしひき」「しまつとり」「おきつとり」

 

新コーナー ホツマ関連書籍<自著>を語る 第一回

熊谷達央 (盛岡ホツマの会)

『なぜ発芽玄米食は体にいいのか』出版に寄せて

報道記事 発芽玄米食理解へ手引き 岩手日報

 

『検証ホツマツタヱ』新コーナー&新企画

編集部

 

編集後記

 

ホツマ偽書説HPの根拠とされる項目

 

 

 

***以上***

© 2014 hotuma shuppankai
© 2014 hotuma shuppankai
タイトルとURLをコピーしました