take

言挙げ(宣言書)

『検証ホツマツタヱ』 創刊巻頭言

「発刊に寄せて」       宮永光雄 ホツマと呼ばれる文字(以下ヲシテという)によって書かれた『ホツマツタヱ』を、松本善之助氏が再発見し研究発表されてから、もう三十年ぐらい過ぎてしまった。しかし、未だに一般の人々に浸...
ツイート

Tweets for 2014-06-15

RT @onoderato: 「とほかみゑひため」の意識ステージを見てきた。 みると逆順の「めたひゑみかほと」でも良いではないかと疑問が立つ。それは一音の意味に通じていれば尚更。 それはミカサフミにも記述があり、元明の上下・夏と冬の関係...
ホツマ伝承テキスト

ミカサフミ 全文

 みかさふみ 全文 ***みかさふみ残簡 8アヤ 仮名テキスト 作成者 宏道 ***PDF文書で約30ページあります。
お知らせ

駒ほ辞典 駒ほ辞源 バナー設置

大好評の駒形文庫をさらに身近にご利用いただくために 駒ほ辞典 と 駒ほ辞源 のバナーを右サイドバーに設置しました。 ホツマ伝承文献を読んでいて、あるいは歴史書を渉猟中、または日常会話で「あれ、このことばヤマトコトバだよね」と...
ツイート

Tweets for 2014-06-12

RT @gejirin1:   ワカ姫とセオリツ姫らのマジナイによりイナゴは西の海に去った。 『三百六十歌ひ 響ませば 虫飛び去りて 西の海 さらり虫去り』 これは後に厄祓いの言葉となる。   【西海へさらり】 -広辞苑- 厄払いのこと...
ツイート

Tweets for 2014-06-11

RT @Bebe_Suave: @hotumamichi 「ヤマ」は「ヨモ」がハニに対して、 ウツホですから軽いんですけど、 タマが分かれる、 そして祖先の霊とか亡くなった方のタマが往き来をする所、 それがヤマ=山なのかなぁ〜σ(・ω...
ホツマ伝承テキスト

ホツマツタヱ 全文

ほつまつたゑ 全文 ***ホツマツタヱの仮名書き全文と、各アヤの頁ごとの小見出し紹介です。 この資料は、さいたま市在住 木元三郎 作成です。 読み下し文ならびに一部註釈の作成者 木元三郎 ***PDF資料で、800頁...
ホツマ基礎研究

駒形文庫 ~ホツマ伝承を敬愛する皆さまに~

単語索引: 語源辞書索引: 年表: ヱト: 月日: 数: ***リンク先のすべての研究は、駒形一登 作成です。総ページ数二万余頁に及ぶ研究の全体像は、右...
ツイート

Tweets for 2014-06-09

ヤマトタケ尊が、斃れられた地、能褒野。 能褒野神社の北西に野登山がある。雨乞いの霊験のある山寺がある。 野登寺の由緒には、アマテル大神が登場するが、実のところは、ムカツ姫の降臨地伝承ではないか、、、 23:22:49, 2014-0...
掲載論文限定公開

ミネイリとミチユキ  ~神仏習合の淵源を問ふ~<2>

ミネイリとミチユキ<検証ホツマ> 『検証ホツマツタヱ』 平成26年4月号掲載 寄稿者 宏道
© 2014 hotuma shuppankai
タイトルとURLをコピーしました